昨年、たいへん多くの方にご参加いただいた「家族サポート」イベントを開催します。
今年度は副題を「-ひきこもりー就労支援の必要性と体験談」となずけ、より深くひきこもり問題について考えてみます。

セミナーには、ひきこもり状態から抜け出しふなサポへ通い、就職して働き続けている経験者とその保護者の方にパネラーを務めてもらい、どのようにして引き籠り状態から抜け出し就職することが出来たのか、それぞれの立場からの経験談を語っていただきます。
その後、パネラーを囲んで交流会を行い、自由に意見を交換していただきます。

このイベントを通して、現在ひきこもり状態にあり苦しんでいる当事者と保護者の方に、現状から抜け出すヒントを見つけていただきたいと考えています。

お子さんのひきこもり状態に悩んでいる保護者の方は、ぜひご参加ください。

対象:お子さんの自立や就職に悩む保護者(親子でもご参加いただけます)
日程:8月20日(土)
定員:50人(先着)
時間:13:00~17:00(受付開始12:45~)
1部 セミナー 13:00~14:00
テーマ:私の場合(ふなばし地域若者サポートステーション卒業生と保護者)
2部 交流会  14:25~15:30(パネラーを囲んでの意見交換会)
個別相談 14:30~17:00(先着6名)※ご希望の方は、お申込のときに伝えてください。
会場:船橋市中央公民館 第3,4集会室
費用:無料
申込締切:8月13日(土)17:00
申込方法:メールでお問合せいただくか、お電話でお申し込みください。
047-437-6003